• 住宅ローンが残ったまま離婚するとどうなる?~2人とも出て行き家を売却する場合

    こんにちは。
    前回は、住宅ローンが残ったまま離婚して、片方が住み続ける場合のリスクについて書きました。けっこうリスクが大きく将来にわたって不安が残る方法だと感じました。それならやはり2人とも出て行き家を売却するほうが、いいのでしょうか。
    ここで大きく関わってくるのが、以前ご紹介した「オーバーローン」と「アンダーローン」です。「オーバーローン」がローンの残高が家の価値を上回ることで、「アンダーローン」がローンの残高が家の価値を下回ることでしたね。「アンダーローン」の場合は、ローンが残らないのでとてもシンプル。もし、差額があった場合は夫婦で折半すればいいのです。
    問題は「オーバーローン」だった場合。ローン残高を今の資産から返済できればいいのですが、家を売却しても住宅ローンが残ってしまうと、銀行の抵当権も残ったままになってしまうのです。こうなると売却はとても難しくなります。買い手側からすると、抵当権がついている物件は、いつ売り手の返済が滞り差し押さえられるかわからないという大きなリスクを持っているのでとても買う気にはなれませんよね。ではどうしたらいいのかを次回さらに調べてみたいと思います。

  • 住宅ローンが残ったまま離婚するとどうなる?~片方が住み続ける場合のリスクその2

     

    こんにちは。

    今回も引き続き住宅ローンが残ったまま離婚して、片方が住み続ける場合のリスクについて書いていきます。

    家を出た夫が安定した収入であるうちは問題ありませんが、何らかの理由で元夫が経済的に困窮し住宅ローンの支払いができなくなった場合。これ以上支払い能力がないと判断されると家は差し押さえられ、住んでいる元妻と子供は家を出なければいけなくなります。また、私には考えられませんが、元夫が住宅ローンの支払いを滞納した場合。元妻の側が連帯保証人になっていると、元妻に支払い義務が生じます。

    このあたりは、住み続ける人が逆の場合も同じ事が言えます。例えば、夫が住み続けて妻と子供が家を出る場合です。夫がローンを支払い続けている時はいいのですが、何らかの理由で支払いが滞った場合、元妻が連帯保証人になっていると住んでいなくても元妻に支払い義務が生じるのです。このような事態を避けるため離婚協議では、住宅ローンの支払いが滞った場合の対応などの取り決めが行われることもあるようです。

     

  • 住宅ローンが残ったまま離婚するとどうなる?~片方が住み続ける場合のリスク

     

    こんにちは。

    前回は、住宅ローンの支払期間に夫婦が離婚して片方が住み続ける場合について書きました。ただ、片方が住み続ける場合にはリスクもあるようです。

    そのリスクが大きくなるのは、出ていく側がローンを支払い続ける場合です。例えば、もともと夫がローンを支払っていて、離婚後に妻と子供が家に住み続けるというパターンです。未成年の子供がいる場合学校などの関係で引っ越しが大変なこと、養育費代わりに家を提供するなどの理由から、このケースはとても多いようです。ですが、前回も書いた通りもともとローンを支払っているものが残りのローンを支払うケースが多いため、夫は自分が住んでいない家のローンを支払い続けるということになるのです。

    ただ、住宅ローンの契約条件に住宅ローンの名義人が住んでいることなどが盛り込まれていると、ローン会社などから契約違反と見なされローン残高を一括返済するよう求められることがあります。住宅ローンを組む時に離婚のことなど考えたくはありませんが、住宅ローンにどんな条件が付いているのかということは生活が変わるときにはとても重要なことのようです。

     

  • 住宅ローンが残ったまま離婚するとどうなる?~売却の場合

    こんにちは。
    住宅ローンの支払期間中に夫婦が離婚し、家を売ることになった場合はどういった点に注意していけば良いのでしょうか。
    まず、最初に行うのは、現在の家にいくらの価値があるのかを調べることです。残りのローンより高ければそのまま「一般売却」として売りに出すことができますが、残りのローンより低く査定されてしまうと一般売却はできないことになっています(ほとんどの場合、残りのローンより高い値がつくケースは無いそうですよ)。
    そうなると、離婚して家なんかさっさと手放したいのにローンだけは払っていかなければなりません。
    そこで、「任意売却」という方法があります。
    任意売却は競売のようにとんでもなく低い金額で売られるということがなく、負担が少ないのが特徴です。しかし、任意売却は専門的な知識が必要なので、不動産業者などのプロに依頼するのが一般的なやり方になります。こうして、現在払っている残りのローンを何とか少なくしていくのです。しかし、任意売却を行うと個人信用情報(クレジットカードやローンなどに関する情報)のブラックリストに載ってしまうため、一定期間金融機関での借り入れが難しくなります。
    ローンを残した状態で家を売却する際は、後々のこともよく考えて行動するべきでしょう。

  • 住宅ローンが残ったまま離婚するとどうなる?~片方が住み続ける場合

    こんにちは。
    今回は、住宅ローンの支払期間に夫婦が離婚した場合について書きたいと思います。
    もしもそうなってしまった場合、どちらか片方が家に住み続けるパターンか2人とも出て行き家を売却するパターンに分かれることになるでしょう。
    まず、住み続ける場合、ローンの残債と支払っている者は誰か、そして離婚時に家にいくらの価値がついているのかを調べる必要があります。
    もしも、ローンの残高が家の価値を上回る場合、「オーバーローン」といって、負債をかかえることになります。しかし、ここで知っておきたいのが、この負債の分は夫婦で半分ずつ負担できるということ。つまり、ローン残債1500万円で家の価値が700万となった場合、負債は800万円になってしまいますが、これを夫婦で400万円ずつに分けて支払わせることができるのです。
    離婚後、家から出て行くか住み続けるかに関係なく、もともとローンを支払っている者が、残りのローンを支払うケースが多いようですが、これを知っていれば、本来相手が負担するべき分を支払わずに済みますね。
    しかし、ローンの残高が家の価値を下回る「アンダーローン」の場合、差額の半分のお金を相手に渡す必要が出てくるので注意しましょう。

  • 「今後の景気を見てお得な返済方法を考える」

    こんにちは。
    前回住宅ローンの固定金利がちょっとだけ上がったことに触れましたが、数年後はどうなっていくのかやっぱり気になりますよね。
    一般的に金利は景気が上がれば同じように上がり、景気が下がれば金利もまた下がるようになっています。ですから、今後景気が上がる見込みがあるなら、金利の低い今のうちに固定金利で安く住宅ローンを組んでしまえば安心です。そして、景気が下がることが予測されるなら、変動金利で住宅ローンを組むのが良いのです。
    そんな訳で、今後の景気がどうなっていくのかに関心がいく訳ですが、日本の経済に大きな影響を与えてくれそうなものって、やっぱり2020年の東京オリンピックくらいしか思いつきませんね。
    オリンピックに関わって、建築、交通、観光など一部の業界は潤うでしょう。また、選手のメダル獲得の有無によっても影響が出るといわれています。
    しかし、巷でまことしやかに囁かれているのは、オリンピック後の開催国は必ず景気が下がるということ。これまでの開催国を見ていても、ギリシャや中国は……言うまでもありませんよね。
    日本はどっちに転ぶのか。
    好き勝手な事を書きましたが、東京オリンピック前後の景気には注意しておくべきでしょう。

  • とうとう住宅ローンの固定金利が引き上げに

    こんにちは。
    大手銀行各行が住宅ローンの金利引き上げを発表しましたね。数えてみると、5ヶ月ぶりのことだそうです。
    これは、市場金利が一時期よりも上昇していることによるもの。こうなると、地方銀行の固定金利も同様に引き上げられることが予測されます。
    今まで毎月低金利を更新してきた後の引き上げなので、今まさに住宅ローンの検討をしている人にとっては勿体ないことをしたという印象があるでしょう。8月中に実行した人の多くは「ギリギリセーフ!」とホッとしているところではないでしょうか。
    しかし、大手銀行数社の8月と9月の金利差平均は0.1%程度。冷静に見ればまだまだ低金利といえます。
    ちなみに、今後の金利は、変動金利は現状維持、固定金利も現状維持か少しの低下とみているところが多いよう。ここ1~2年くらいなら金利が急激に上がるという可能性は極めて低いといえるでしょう。私が先日知人から聞いた話では、今のタイミングで住宅ローンを組む予定の人は早め(遅くても年内)にやってしまったほうがいいとのこと。
    今後どうなっていくかはわかりませんが、金利を予測するには景気の行方を正しく読めなければなりませんね。

  • 親子ローンについて考える

    こんにちは。

    今回は親子ローンについて考えてみたいと思います。
    周りに親子ローンを組んでいる人はいるでしょうか。個人的に親子ローンにはピンと来ないのですが、覚えておいて損は無いですよね。

    親子ローンとはその名の通り、親子でローンを支払っていくというもの。初めに親がローンの返済をし、途中から子が返済を引き継ぐというのが「親子リレーローン」。親と子が同じ住宅の購入のためにそれぞれ融資を受け、それぞれローンを支払っていくのが「親子ペアローン」です。

    これって、親と子の2馬力だからローン返済は安心?なのでしょうか。
    今後もずっと同居を続けるというなら親子ローンはアリかもしれませんが、仕事の都合で子だけ遠くに引っ越すことになったらどうでしょう。子はローンの返済に加えて引っ越し先のアパート代も必要になってしまいます。

    それに、親子ローンを組んでいる間は、子が新たに住宅ローンを組むことは不可能なのです。
    「やっぱり自分だけの家が欲しい」なんて気が変わってもどうしようもありません(事情の多くは子の配偶者が関係しているようです)。

    たとえ子に安定した収入があっても、将来設計がはっきりしていないうちは親子ローンを組むことには慎重になるべきでしょう。子が独身ならやめておいたほうが賢明ですね。

    親子ローンをは、親と子の当人同士だけでなく、子の奥さんや子の兄弟が納得(相続のときに揉めないため)したうえで組むべきでしょう。

  • 夫婦連生団信(デュエット)という道があった

    こんにちは。
    前回、ペアローンは夫婦の片方に支払い能力がなくなった場合、当事者の残りのローンは保障されますが、もう片方の分のローンは残るので、これなら夫の単独名義で団信に入ってローンを組んだほうが万が一のときに安心ではないのか?と書きました。

    確かにそうなのですが、住宅金融支援機構が提供している団信には、夫婦連生団信(以下デュエット)というものがあり、夫婦の片方に支払い能力が無くなった場合に残りのローン(住宅金融支援機構ですからローンはもちろんフラット35を使います)を全額保障してくれるそうなのです。

    全額とは驚きですね。

    これは、戸籍上の夫婦だけでなく、婚約関係や内縁関係であってもデュエットの対象になります。

    手厚さが魅力のデュエットですが、保険料は1人で加入する場合の約1.6倍かかるそうです。
    まあ、これだけの内容なのですから、当然と言えば当然ですよね。

    夫婦どちらかが早くに亡くなるということは想定したくはないのですが、残された家族、特に子供の生活を考えれば、住宅ローンと保険のバランスは慎重に決めていかなければなりませんね。

  • ペアローンのメリットとは

    こんにちは。
    今回はペアローンについて思っていることを書いてみたいと思います。

    ペアローンはその名の通り、夫婦でローンを組むことですね。夫婦共働きの家庭で住宅ローンを組む際は、単独名義のローン(主に夫名義)を組むか、夫婦の名義でローンを組むかで一度は話題になるようです。

    単独名義のローンは団体信用生命保険に入っていれば契約者が死亡や重病で返済不能になったときに残りのローンが支払われます。

    ペアローンの場合、夫婦どちらかが返済不能になるとその人の残りの返済分は保障されますが、もう一人の返済分は変わりません。

    それだったら、夫婦共働きでも単独名義のローンを組んでおいたほうが安心だと思いますよね…。

    しかし、ペアローンを組む夫婦は現実に存在するのです。わざわざこっちを選ぶからには何かメリットがあるのでしょう。

    ペアローン最大のメリット。

    それは、夫婦で住宅ローン控除を受けられることと、借り入れ可能金額を大きくできるということです。

    2人だとその分多くのお金を借りられると言うと、ペアローンは大豪邸を建てる人のイメージがわいてしまいますが、ある事例で、夫の収入だけではローンの審査が通らなかったけれど、妻の収入をプラスしたら審査が通ったというものもあるので、ペアローンは案外庶民向けなのかもしれないなと思っているところです。

    妻が途中で仕事を辞めなければの話ですが。

Posts navigation