Monthly Archives: 2月 2016

  • マイナス金利の効果

    こんにちは、前回はマイナス金利について、どんなものなのかをお話しました。
    今回はマイナス金利の効果をお話していきます。

    16日から「マイナス金利政策」の適用が開始されました。
    多くの金融機関では、「マイナス金利政策」導入前から預金や住宅ローンの金利を引き下げました。

    また、「マイナス金利」の導入決定で利回りがすこしでも高いうちに
    国債を買おうとする銀行の注文が殺到したみたいです。

    金融庁は「銀行が個人の預金金利をマイナスにするには問題がある」と言っているので、
    大きくは影響はなさそうです。
    ただ、銀行が各種の手数料を引き上げると考えると、わたしたち利用者は損をしますよね。

    対策として考えておきたいのは、

    • 大手よりも金利が高いネット銀行、地方銀行のインターネット支店での預金が狙い目であること
    • 今後も金利は下がると見込んで、預金の一部を定期預金にするのもいいということ
    • 個人向けの国債も大手銀行の金利を上回るので、利点がありそうだということ

    損をしないためにも、臨機応変に銀行の動きに対応したいですね!
    今後、投資や消費は活発になるのでしょうか?長い目で見ていきましょう。

  • マイナス金利とは?

    1/29、日本銀行がマイナス金利政策を導入しましたね。
    マイナス金利政策って何かご存知ですか?

    普通、銀行に預金をしたら利息がついて、少なからず増えますよね。
    とはいっても0.025%ほどの金利なので微々たるものですが。。。。
    地方銀行など場所によっては10万円を1年預けると数千円増えるなど高金利なところもあるらしいですが
    まぁ、つまり微々たる金利でもこれはプラス金利ですよね。
    預ければ増えるのですから。

    ではマイナス金利とはなんなのかと言うと、
    そのまんま金利がマイナスになるということです。
    実は金融緩和政策の一つとして、様々な国で導入されているんです。
    プラス金利では預ければ利息が増えてもらえるけど、
    マイナス金利は預けるほど減っていくんですから
    微々たる減少でもなんだか損した気分になりますよね。
    デンマークやスウェーデンでも行われていて、
    デンマークではクローネ(デンマークの通貨)高を阻止することが出来るなど効果はあったのです。

    さてさて、日本でも今同じことが起きているのです。
    日銀に預ける資金の金利を「一部」マイナスにすることで、市場金利が下がって融資や株式投資などに資金が回るのではないか、という景気回復目的の導入となりました。

    マイナス金利になって喜ぶ国民っているんですかね?
    効果はいかほどなものになるんでしょうか。

    次回もマイナス金利がもたらす効果をもう少し詳しく見ていきましょう。