Daily Archives: 金曜日, 11月 4, 2016

  • 住宅ローンが残ったまま離婚するとどうなる?~売却の場合

    こんにちは。
    住宅ローンの支払期間中に夫婦が離婚し、家を売ることになった場合はどういった点に注意していけば良いのでしょうか。
    まず、最初に行うのは、現在の家にいくらの価値があるのかを調べることです。残りのローンより高ければそのまま「一般売却」として売りに出すことができますが、残りのローンより低く査定されてしまうと一般売却はできないことになっています(ほとんどの場合、残りのローンより高い値がつくケースは無いそうですよ)。
    そうなると、離婚して家なんかさっさと手放したいのにローンだけは払っていかなければなりません。
    そこで、「任意売却」という方法があります。
    任意売却は競売のようにとんでもなく低い金額で売られるということがなく、負担が少ないのが特徴です。しかし、任意売却は専門的な知識が必要なので、不動産業者などのプロに依頼するのが一般的なやり方になります。こうして、現在払っている残りのローンを何とか少なくしていくのです。しかし、任意売却を行うと個人信用情報(クレジットカードやローンなどに関する情報)のブラックリストに載ってしまうため、一定期間金融機関での借り入れが難しくなります。
    ローンを残した状態で家を売却する際は、後々のこともよく考えて行動するべきでしょう。