老後破産!?

老後破産!?

今回は、老後を見据えた住宅ローンの借り方についてのお話ししたいと思います。

今の時代ほとんどの人が住宅ローンを組み自宅を購入します。よって、住宅ローンの上限額が自宅の予算の制約となります。多く借りることができれば、それだけ予算が増え、高額な物件を購入することができます。つまり、金融機関から多く借りれば借りるほど高額な物件が見えてくるというわけです。

また、「住宅ローン控除」という減税策があり、国が住宅購入を後押ししている。住宅ローンの年末の残高の1%分が減税の対象となっており、上限額があるものの、基本的には大きな金額のローンを組むほどに、減税の恩恵が大きくなります。これにより、さらに借りれば借りるほどお得という状況を作っています。

しかし、目先の欲にくらみ老後の生活が安定しないことが多いです。返済期間は現在では最大35年となり、生活に余裕を持つことが出来るかもしれない。しかし考えてみてください。私たちが住宅ローンを借りて大きな家を買う頃には私たちの年齢は30前半〜40後半になっています。はたして、定年後払い続けることが出来るでしょうか。退職金で返済することも視野に置いているであろうが、最終的には繰り上げ返済になることも覚悟しておいてほしいです。

仮に返済が滞る状態が続けば、いずれは自宅を抑えられ、競売にかけられてしまうかもしれない。そんな不安を抱えながら、毎日生活していて楽しいのか疑問です。

結果的には”大きな家”より”幸せな家庭”を必要なのではないかと思います。大きな家を目指しているうちに家のお金がすっからかん…なんてことになったら子供に合わせる顔が無い。そんなことを考えながら、住宅購入を考えてほしいと思います。

Author: admin_alcapone