災害時のローン返済

災害時のローン返済

こんにちは。
九州で起きた熊本地震から一ヶ月がたちましたね。
GW付近はたくさんのボランティアをしたいという人がいたようですが、
被災した方々はどう過ごされているのでしょうか。

ニュースで地震によって倒壊した家が多く報道されていましたね
倒壊までいかなくとも柱にひびが入ってしまったという家もたくさんありました。
そこで今日は震災時の住宅ローンについて考えてみたいと思います。

以前は被災者への減免制度はありませんでした。
もしも地震で倒壊して住める状態でなくなったとしても、ローンが免除されるような
制度や法律などはなく、新しい家を建てたら二重ローンを背負うことになっていました。

しかし、阪神淡路大震災発生後は、災害時の住宅ローンが見直され、
現在は、支援金が給付されたり、減免になる制度ができたようです。

「被災者生活再建支援制度」・・・1世帯最大300万円が支給される。
「災害復興住宅融資」・・・最長35年間で全期間固定金利の低金利融資

また、返済がどうしても難しい場合は、私的整理や自己破産という選択もあるようです。
私的整理には「自然災害債務整理ガイドライン」があたり、この制度によって
おおきな災害に遭ったときに対象となる条件を満たして手続きを行えば生活の再建に
必要な資金を手元に残し、その残りをローン返済にあてられます。
返済しきれないローンは減免されるようです。

被災したときの住宅ローンの対策はいろいろあるようですし
住宅ローンによって内容が異なることもあるようなので
あらかじめ下調べをしておいたほうがよさそうですね!

Author: admin_alcapone