夫婦連生団信(デュエット)という道があった

夫婦連生団信(デュエット)という道があった

こんにちは。
前回、ペアローンは夫婦の片方に支払い能力がなくなった場合、当事者の残りのローンは保障されますが、もう片方の分のローンは残るので、これなら夫の単独名義で団信に入ってローンを組んだほうが万が一のときに安心ではないのか?と書きました。

確かにそうなのですが、住宅金融支援機構が提供している団信には、夫婦連生団信(以下デュエット)というものがあり、夫婦の片方に支払い能力が無くなった場合に残りのローン(住宅金融支援機構ですからローンはもちろんフラット35を使います)を全額保障してくれるそうなのです。

全額とは驚きですね。

これは、戸籍上の夫婦だけでなく、婚約関係や内縁関係であってもデュエットの対象になります。

手厚さが魅力のデュエットですが、保険料は1人で加入する場合の約1.6倍かかるそうです。
まあ、これだけの内容なのですから、当然と言えば当然ですよね。

夫婦どちらかが早くに亡くなるということは想定したくはないのですが、残された家族、特に子供の生活を考えれば、住宅ローンと保険のバランスは慎重に決めていかなければなりませんね。

Author: admin_alcapone