住宅ローンが残ったまま離婚するとどうなる?~片方が住み続ける場合

住宅ローンが残ったまま離婚するとどうなる?~片方が住み続ける場合

こんにちは。
今回は、住宅ローンの支払期間に夫婦が離婚した場合について書きたいと思います。
もしもそうなってしまった場合、どちらか片方が家に住み続けるパターンか2人とも出て行き家を売却するパターンに分かれることになるでしょう。
まず、住み続ける場合、ローンの残債と支払っている者は誰か、そして離婚時に家にいくらの価値がついているのかを調べる必要があります。
もしも、ローンの残高が家の価値を上回る場合、「オーバーローン」といって、負債をかかえることになります。しかし、ここで知っておきたいのが、この負債の分は夫婦で半分ずつ負担できるということ。つまり、ローン残債1500万円で家の価値が700万となった場合、負債は800万円になってしまいますが、これを夫婦で400万円ずつに分けて支払わせることができるのです。
離婚後、家から出て行くか住み続けるかに関係なく、もともとローンを支払っている者が、残りのローンを支払うケースが多いようですが、これを知っていれば、本来相手が負担するべき分を支払わずに済みますね。
しかし、ローンの残高が家の価値を下回る「アンダーローン」の場合、差額の半分のお金を相手に渡す必要が出てくるので注意しましょう。

Author: admin_alcapone