借り換えとは

借り換えとは

前回などで、繰り上げ返済というローン返済方法について説明してきました。

今回は借り換えという返済方法を説明していこうと思います。

「借り換え」というのは、現在自分が返済している住宅ローンと、違う住宅ローンの方が金利が低かったりなどして、今よりお得だ。と感じた時に住宅ローンを別の住宅ローンへと変更することです。

なお借り換えする際に、現在のローンを返済している自宅に住み続ける、つまり自宅を担保としてローンを借りるため、土地の値下がりなどによって自宅の時価が下がっているだとかの問題もあります。
ローンを借り換えするのに必要な額に自宅の値段が届かなくなる可能性があるっていうことですね。ただし、値段が下がっていても借り換え可能な金融機関もあるので、根気よく探すことが大事でしょう!

また、他にも手数料や保証料などの費用が思いの外かかったりすることもあるので事前調査は十分にしておきましょう!大切です!

さて借り換えをするのにもメリットを見ていかないと借り換えしたらお得なのかどうか、よう分かりませんね。
まず、借り換えを行う目的はもちろん「金利」を下げたいから。ですよね。
そして借り換えを行う目安として「10年、1,000万円、1%」と言われています。これは、
 ・ローンの残り期間が10年以上ある
 ・ローンの残り金額が1,000万以上ある
 ・現在のローンの金利が1%以上ある
の3つを満たせば、お得になります。
これらの3つを計算してみると、約54万円ほどの利息になります。

先ほど借り換えには手数料などで費用が思いの外かかると、言いましたが、借り換え金額を1,000万円とすると、手数料などで約30万ほど。

メリットを取りたいなら「10年、1,000万円、1%」を目安に。ですね!

Author: admin_alcapone